2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.12.11 (Sat)

田舎の紳士服店のモデルの妻 宮下奈都

田舎行きに戸惑い、夫とすれ違い、子育てに迷い、恋に胸騒がせる。
じんわりと胸にしみてゆく、愛おしい「普通の私」の物語。
内容(「BOOK」データベースより)



夫がうつ病になり、夫の田舎に移り住むことになった梨々子。
それまでの東京での生活から一変、「何もない」田舎での地味な生活。
恋焦がれて結婚した夫は変わってしまい、子供たちとのコミュニケーションに悩む。
でも少しずつ少しずつ変わっていく。


宮下さんの新刊ということでとっても楽しみにしてました。

東京から田舎に行くことになったときにもらった1冊の日記帳。
その10年日記に書かれる梨々子の気持ち。
夫のうつ病、成長していく子供たち、地元の人たちとの距離。
梨々子自身も少しずつ変化していく。
焦燥感や不安や憤り、細かい心の動きが繊細でした。
ありきたりなようで、ありきたりな家族なんていない。
「普通」ってなんだ?
今私が梨々子と同じ専業主婦で子育て中だからか、思いっきり感情移入。
夫婦のあり方、家族のあり方を考えさせられました。

ドロドロした感情もあんまり生々しくないのは宮下さんだからかな。

私も今年からつけ始めた5年日記。
5年目の欄にはどんなことを書くんだろう。
どんな家族になっているんだろう。


★★★★☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
07:32  |  ま行その他
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。