2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.08.05 (Thu)

三四郎はそれから門を出た 三浦しをん

それでも本から離れられない-。
人気作家にして筋金入りの活字中毒者、三浦しをんの秘密の日常。
初の、ブックガイド&カルチャーエッセイ集。
『Gag Bank』『朝日新聞』等に掲載したものに書き下ろしを加える。
内容(「MARC」データベースより)



実は三浦しをんさんのエッセイ読むのは初めてです。
好きな作家さんのエッセイって、自分のイメージとかけ離れていると
結構ガックリきちゃうので、初めて読むときはドキドキします。

ジャンル問わずよくこんだけ読めるなーってくらい「本欲」が強い!
まさに活字中毒者。
本(や文章)に対する愛情がひしひしと伝わってきます。

もちろん書評もお役立ち感いっぱい。
日ごろ自分が読まないジャンルの本って、きっかけがないと手に取らないけど、
簡潔にわかりやすく面白く書いてあるので敷居が下がる。

爆笑どころもたくさん。
電車で隣に座った人が読んでる本と同じ本を読もう、っていう企画(?)
(第三章、第三回の『本の辻占』)が特に好き。
確かに電車に乗ってるときだけに関わらず、人の読んでる本って
気になっちゃいますよねー。私もやってみたい!

これで安心してしをんさんの他のエッセイも読めそうです(偉そう)。
大満足の1冊でした。

★★★★★






ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
20:19  |  三浦しをん
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。