2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.21 (Wed)

愛してよろしいですか? 田辺聖子

斉坂すみれ34歳。
会社の仕事はそつなくこなし、重宝がられているのに、
女もこの年齢で独身となると生きにくくなる。
愛想がよければ男狂いと言われ、ちょっと冷たくすればヒステリー、
質素にすれば色気がない―。
ある旅先で、ひとまわり年下の大学生・矢富ワタルと出会い、
不覚にも恋に落ちてしまった。
若い男の子の顔色に一喜一憂する女の甘やかな恋心を
笑いの渦に巻き込んで描く傑作恋愛小説。
内容(「BOOK」データベースより)



昭和54年初刊の再編集されたもの。
ハイ・ミスのすみれが若い男の子に恋をするお話なんだけど、
34歳での社会での風当たりの強さに、ちょっとだけ時代を感じました。
でも基本今でも全然色あせない新鮮さ。

若い子相手に本気になってどうする、と自分をセーブしているんだけど、
とにかくワタルといると心地いい。
そのうち相手の一言に一喜一憂したりなんかして、すっかり女の子に
なっていくすみれがかわいいです。

ワタルの飄々さと、すみれのやり取りが面白い。

いつの時代も恋する気持ちは変わらない!

★★★★☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
20:32  |  田辺聖子
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。