2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.10 (Sat)

sweet aunt さとうさくら

実花、高校3年生。
パパとママの死をきっかけに、ふたりがそろって日雇いのフリーターだったことが判明。
遺産はゼロ、住んでいた家も失くし、憧れていた専門学校への進学も帳消し。
絶望のふちに立った実花を、さらに絶望させる最悪の出来事、
それは大嫌いな叔母さんに引き取られることだった。
叔母さんは、オシャレで美しかったママの妹のくせに、地味で無愛想で変わり者…。
嫌で嫌で仕方なく始まった叔母さんとの共同生活だった。
けれど、そこにはパパとママとの生活にはなかった、力強くて温かい、
確かな幸せの感触があったのだった。日本ラブストーリー大賞シリーズ。
(内容(「BOOK」データベースより))



初めて読む作家さん。

両親とは正反対の「イケてない」叔母さんと暮らすことになった実花。
彼氏と一緒に通うはずだった専門学校にも行けないし、
住んでいた家すら出なければならない絶望の日々。

はじめは実花自身にも、叔母さんにも、彼氏にも、友達にも
誰にも感情移入できずにモヤモヤしてしまった。
でも実花が自分のやりたいことを見つけるところあたりから
読むスピードは一気に加速。
叔母さんは不器用なだけだったのね。

二人の距離感が縮まっていくごとに、だんだん面白くなってきました。
古着屋の店長さんもいい味。
読み終わるとはじめに感じていたモヤモヤ感はすっかりなくなっていました。
他の作品も読んでみようかな。

★★★★☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
15:00  |  さ行その他
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。