2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.02 (Fri)

アシンメトリー 飛鳥井千砂

結婚に強い憧れを抱く女―朋美。
結婚という形を選んだ男―治樹。
結婚に理想を求める男―貴人。
結婚に縛られない女―紗雪。
結婚願望の強い朋美はある時、友人の紗雪が突如結婚を決めたことにショックを受けた。
紗雪の相手は幼馴染みの治樹。心から祝えない朋美だったが、
ふたりの結婚パーティーで出会った年下の貴人と恋仲になる。
しかし、紗雪と治樹の結婚には秘密があった…。
現代における「結婚」とは何か?アシンメトリー(非対称)な男女4人を描く、珠玉の恋愛小説。
内容(「BOOK」データベースより)



はじめ、結婚に囚われすぎていて「私なんて」体質の朋美にどうしても嫌悪感が募る。
じめじめと「女くさい」んだけど、読み進めていくうちに
だんだんとその印象が変わってきた。
あーこれが「女の本音」ってやつなのかもしれない。

非対称な4人。
でもそこにはいろんな感情が渦巻いていて、それぞれが苦しんでいて。
最後はちょっとまとまりすぎな感もあるけど、
一人一人が前に進んでいくのはやっぱりいいものです。

朋美をここまで変えたものってなんだったんだろうな。

ドラマにしたら面白そうです。


★★★★☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
15:00  |  飛鳥井千砂
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。