2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.06.30 (Wed)

つやのよる 井上荒野

夫と、恋人と、父と、関係のあったらしい奔放な謎の女の
危篤の知らせをきっかけに、自分の男を見つめ直す女たち。
男と女の心の奥の奥を鮮やかに照らし出し、愛のありかを深く問う長編。
内容(「BOOK」データベースより)



艶という一人の女性と関わりのあった人たち。
直接艶目線の話がない分、余計に際立ってくる艶の存在。

読み進めていくごとに艶の印象が深く濃く変わっていく。
死のにおいを放ちながら、死に向かっていく艶。
そこにある不気味さと、でもなぜか魅力的に見えてしまう不思議。

最後までソワソワ落ち着かない気持ちでした。
読み終わったあとも、「結局艶って何者だったんだろう」って考えてしまいます。


★★★★☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
14:32  |  井上荒野
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。