2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.06.14 (Mon)

天国旅行 三浦しをん

そこへ行けば、救われるのか。
富士の樹海に現れた男の導き、死んだ彼女と暮らす若者の迷い、
命懸けで結ばれた相手への遺言、前世を信じる女の黒い夢、
一家心中で生き残った男の記憶…光と望みを探る七つの傑作短篇。
内容(「BOOK」データベースより)



「心中」をテーマにした短編集。
もっと暗くてドロドロしてるのを想像してたけど、意外にそうでもなかった。
(とてつもなく暗いのを想像してたからかもしれないけど)
だからといって物足りないってこともなく。
それぞれのテイストが結構バラバラでそこが良かったと思います。

切ない気持ちになったり、でもそのあとで前に進めそうな前向きな気持ちになったり。
「死」と向き合うことって「生」を見つめなおすことなんだなーと思った。

これは図書館ではなく久しぶりの自腹本なんだけど、買って良かったー。

「初盆の客」が好きです。


★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
07:09  |  三浦しをん
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。