FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.06.13 (Sun)

君は素知らぬ顔で 飛鳥井千砂

『はるがいったら』『学校のセンセイ』の感動をふたたび!
恋愛を通じて六人の若者が成長する姿を描く傑作!
Scean1 「斜め四十五度」・・・荒川奈央。女子高生。図書委員の先輩が気になる。
Scean2 「雨にも風にも」・・・千葉洋介。大学生。人と接するのが怖い。
Scean3 「桜前線」・・・平井。30歳、サラリーマン。はじめて浮気をしてしまった。
Scean4 「水色の空」・・・坂下純子。34歳、OL。女としての自信を覆す事件が?
Scean5 「今日の占い」・・・加藤由紀江。26歳。OL。気分屋の彼に違和感を持ち始める。
Last scean 「どこかで誰かに」・・・桜田。28歳。サラリーマン。
妻の方が高給取りの格差婚生活を送っている。
(内容紹介)



初めて読む作家さんです。

女優の「ゆうちゃん」を軸にした連作短編。
どれも読みやすくて、読後感が良い作品たち。
「ゆうちゃん」このまま出てこないのか?と思っていたら最後の最後で登場!
一番最後の「どこかで誰かに」が一番良かったです。
それまで出てきた「ゆうちゃん」のイメージをいい感じに覆してくれました。

ポケベルとかルーズソックスとか、懐かしいアイテムが出てくるところも○。
他の作品もぜひ読んでみたいです。


★★★★★




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
18:19  |  飛鳥井千砂
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。