2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.03.30 (Tue)

大きな熊が来る前に、おやすみ。 島本理生

きっかけは本当につまらないことだった。
穏やかな暮らしを揺さぶった、彼の突然の暴力。それでも私は―。
互いが抱える暗闇に惹かれあい、かすかな希望を求める二人を描く表題作。
自分とは正反対の彼への憧れと、衝動的な憎しみを切り取る「クロコダイルの午睡」。
戸惑いつつ始まった瑞々しい恋の物語、「猫と君のとなり」。
恋愛によって知る孤独や不安、残酷さを繊細に掬い取る全三篇。
(「BOOK」データベースより)



童話のタイトルみたいだなーと思って読み始めたら、アッサリと裏切られました。
意外に重い話でちょっと驚きつつも、それでも島本さん独特の静けさのせいか
この手の話の割には不快感はなく。
ただ、負のスパイラルなんだなーって思ってしまいました。
なんか無性に悲しくなりました。


一番好きなのは最後の「猫と君のとなり」。
恋の始まる感じがドキドキです。
荻原君、いい!!
久しぶりにキュンとしてしまいました…。

3つとも短編なので、スキマ時間に読めるのもオススメ。

★★★★☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
19:27  |  島本理生
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。