2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.01.10 (Sun)

ピアニシモ 辻仁成

僕にはヒカルがいる。しかし、ヒカルは僕にしか見えない。
伝言ダイヤルで知り合ったサキ。でも、知っているのは彼女の声だけ。
あとは、冷たい視線と敵意にあふれた教室、崩壊寸前の家庭…。
行き場を見失い、都会のコンクリートジャングルを彷徨する孤独な少年の
心の荒廃と自立への闘い、そして成長―。
ブランク・ジェネレーションに捧げる新しい時代の青春文学。
第13回すばる文学賞受賞作。
(「BOOK」データベースより)



転校を繰り返し、幼馴染も故郷もない透。
サイボーグのように働く父と、いつもメソメソ泣いている母。
孤独な僕は、いつもヒカルと一緒だった。

息が詰まるような閉塞感。
飛び込み自殺のシーンも、いじめのシーンも、ずーっと息苦しい。
でも終盤で何かが吹っ切れた透が暴れるようになると、
やっと息を吹き返せたような気がした。

これ辻さんのデビュー作なんですね。
伝言ダイヤルってところが時代を感じますが、これ当時にしては
結構衝撃だったのではないかと思います。
17年ぶりに出たという続編があるようなので、
そっちも読んでみたい。

★★★★☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
20:48  |  た行その他
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。