2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.20 (Sun)

青年のための読書クラブ 桜庭一樹

東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリアナ学園。
校内の異端者(アウトロー)だけが集う「読書クラブ」には、
長きにわたって語り継がれる秘密の“クラブ誌”があった。
そこには学園史上抹消された数々の珍事件が、
名もない女生徒たちによって脈々と記録され続けていた―。
内容(「BOOK」データベースより)


「烏丸紅子恋愛事件」
「聖女マリアナ消失事件」
「奇妙な旅人」
「一番星」
「ハビドゥス&プラティーク」

お嬢様学校の中の目立たない異端女子たちが綴る、学校の正史には
残らない学園の記録。
100年の長きに渡る歴史。その時代時代で起きる珍事件。
生徒会や演劇部などの花形から遠く離れた場所に存在する読書倶楽部が
影でその事件に深く関わっていて、そのキャラクターの濃さも面白かった。

桜庭さんの描く女子の魅力がぎゅっとつまってる。
女子だけの不思議な世界も良かったなー。
ラスト、OGたちの集まる喫茶店『慣習と振る舞い』が
中野ブロードウェイにあるっていうのもツボ!

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
19:47  |  桜庭一樹
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。