2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.14 (Mon)

再婚生活 私のうつ闘病日記 山本文緒

「ほんの少しの起きている時間で、パン一枚だけ食べて、
書かなくちゃならない原稿だけ死ぬ思いで書いて、猫の世話だけは何とかやって、
あとはとにかく臥せっているしかありませんでした」
望んだ再婚生活なのに、心と身体がついてゆかない。
数回の入院生活と自宅療養、
うつ病をわずらった作家が全快するまでの全記録。
克明な日記の、2年2ヶ月の空白期。書けない時期に何があったのか―。
文庫化にあたり60枚を加え、重症期の闘病を明かす。
(「BOOK」データベースより)


山本文緒さんの日記式エッセイ。
まえがきにも書いてあるけど、苦悶の闘病生活は読んでいて苦しいところもいっぱい。
でも周りの人(旦那さんや両親、秘書さん)に本当に助けられていて、
特に旦那さんの献身ぶりに涙ぐんでしまいました。
人は一人では生きていけないんだなーと思って。

うつ病って今ではすっかりメジャーな病気だけど、発症当時は
誤解されることも多かったんじゃないかなと思います。
私も3年ほど前に心療内科にかかり、2年ほど通っていたんですが、
その間は家族には本当に迷惑と心配をかけてしまったなーと思います。
薬が減ったときとか、1週間に1度だった通院が2週間に1度に延びるとか、
あの時は嬉しかったなと色々思い出して、改めて家族に感謝。

自分に正直に、まさに赤裸々に語られています。
眠れないときのつらさ、薬が増えることへの恐怖。
直球過ぎて今うつ病と闘ってる人が読むのは辛いものがあるかもれないけど、
最後に治ってよかったなと心から思いました。

家族のありがたさを再確認した1冊。

疲れてる人、「頑張って」休みましょう。

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
18:00  |  山本文緒
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。