2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.06 (Sun)

メジルシ 草野たき

私と健一くんと美樹さんは、最後の家族旅行に出かけた。
私は全寮制の高校に入り、両親は離婚する。
離婚を了承する条件として健一くんが出したのが、北海道旅行だった。

私の右手にはヤケドがある。
子供のころにポットのお湯をかけてしまったらしいが記憶にはない。
でもその痕を撫でるたび、私はなんだか落ち着く気がする。
彼氏の勇矢と仲良くなるきっかけも、このヤケドの痕だった。

もともと仲良し家族じゃない私たち。
旅行は全然楽しくない。
早く東京に帰りたい。帰ってヤッコや勇矢に会いたい。
でも私はこの旅でヤケドの本当の理由を知る。


中盤までは空回りするお父さんと、それを嫌がるお母さんと娘、って感じで
なんか悲しい気分に。
特にお母さんのやる気のなさに腹が立つ。
最後くらいちゃんとしてあげようよ!って。
子供を愛せない母親。でもその母親は自分も愛されない子供だった。

ラストはまだ救われた。
だからって離婚はナシ、ってことにはならずにきっと家族はバラバラになって
しまうんだろうけど、双葉の心は少し楽になったんじゃないかな。

でもでもやっぱり母親には共感できない。
どうしても言い訳にしか聞こえない。だって嫉妬だもん。
子供に罪はないのにね…。
双葉が不憫すぎます。
やるせない気持ちになりました。

★★★☆☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
17:30  |  か行その他
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。