2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.01 (Tue)

ガーデン 近藤史恵

火夜と真波はまったく違うのに似ていた。
そしてある日、火夜は消えてしまった。
消えた後に届いた小さな箱の中には、火夜がよくつけていたのと同じ
マニキュアが塗られた小指が入っていた。

真波は同じマンションに住む探偵の今泉のもとへ駆け込む。
火夜に何か大変なことが起こっている。
彼女を見つけ出してほしい。
妖しげな魅力を持つ謎の少女の謎の失踪に、残されたものたちは翻弄する。


先日読んだねむりねずみの今泉文吾シリーズです。
出版は「ねむりねずみ」のほうが先だけど、こちらのほうが先に書かれたものみたい。

全体的に濃密で妖艶。
花や緑がにおいたつような描写で、息苦しい。
登場人物にそれぞれ秘密があって、最後まで読むスピードを落としません。
ラストはなんだかすごく切なくなったけど、これはこれでアリなのかなーと。

今泉と山本くんの関係の秘密が、すごく意外でビックリでした。

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
21:21  |  近藤史恵
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。