2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.17 (Tue)

コンセント 田口ランディ

兄が死んだ。
2ヶ月前から行方不明になっていた兄は、腐乱死体となって発見された。
コンセントが繋がれたままの掃除機。
掃除をしようと思っていた兄は、どうして生きることをやめてしまったのだろう。

朝倉ユキはそれから兄の姿をよく見るようになる。
幽霊なんかよりもっと現実感のある兄。
兄は何も語らない。ただそこにいる。
私に何を伝えたかったんだろう。
これは幻聴や幻覚なのだろうか。私は狂ってしまったのだろうか。

ユキはかつての恩師であり恋人の国貞を訪れる。
10年ぶりに訪れた大学で、旧友の律子や山岸に出会い、
兄の死の謎と本当の自分を探す。

「一人の喪失は一つの世界の消滅なのだ」


ぐいぐい引き込まれて一気に読んでしまいました。
アンテナモザイクと続いて3冊目だけどこれが一番面白かったです。
序盤と中盤が特に良い。
久しぶりにページをめくる手が止まらず。

シャーマンやオカルトも興味そそられました。
独特な世界に引き込んでいく力がすごくて、読んだあとはしばし放心だけど。

あとがきにある、
一人の人間の死は、多くの謎を生む。
残された人間は、その宿題を一生かけて解いていかなければならない。
死とは、たぶん、人生における最大の謎である。


納得です。

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
21:51  |  田口ランディ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。