FC2ブログ
2019年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.20 (Tue)

パラダイス・サーティー(上) 乃南アサ

大山栗子のその日は最悪な一日だった。
朝から痴漢にあうし、痴漢を撃退しようとしたら屈辱の一言を言われるし、
しかもそれを会社の同僚に見られていた。

30歳目前といえば、会社でもお局的存在。
上司から勧められた見合いは断られるし、もう散々だ。
それに加えて家族までが勝手気まますぎて、とうとう堪忍袋の緒が切れた栗子は
家を飛び出すことになった。

幼馴染の友人でレズビアンの友人、菜摘のもとに転がり込んだ栗子は
菜摘の紹介で一人の男性古窪伸に出会う。
一目見て体に衝撃が走った。一目惚れだった。
もしかして駆け込みで20代のうちに結婚できるかも!?
はやる気持ちを抑えつつ、栗子は必死に喰らいつく!


30歳を目前に控えた女性が主人公の話ってほんとに多いなー。
それだけ悩んだりする時期ってことなんだと思うけど。
崖っぷちの栗子はとにかく結婚したくてたまらない。子供もほしい。
自分より年下の女の子が寿退社をしていくのを指をくわえて見ている。
で、そんなときに現れた素敵すぎる男性。
なんとかものにしようとする栗子の執念は凄まじいものがあります…。

でも私は栗子の話よりは菜摘の話のほうが切なくて好き。
障害や偏見の多い同性愛者。その恋心のほうが切実。
苦しさが伝わってきてなんだか胸がつまってしまいました。

下巻に続く。

★★★☆☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
19:51  |  乃南アサ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。