2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.10.09 (Fri)

お縫い子テルミー 栗田有起

私の名前は鈴木照美。
名詞には『一針入魂 お縫い子テルミー』と印刷してある。
ミシンは使わない。正真正銘の、お縫い子だ。

小さい頃から学校も行かず、祖母・母とともに居候生活を続けていたテルミーは、
今は流しのお縫い子だ。
東京に出てきて働き始めた「キャバレー・モンシロチョウ」でシナイちゃんに出会った。
彼はステキな歌を歌った。
歌詞の意味も分からないし、知らない曲だったけど、それは身体によくしみた。
そしてテルミーはシナイちゃんのことが大好きになった。

女装して歌うシナイちゃんのために、テルミーは針を持ちドレスを縫う。
シナイちゃんは出来上がった衣装をとても喜んでくれるし、
居候もさせてくれるけど、女子に興味がないのかテルミーの恋は叶わない。

恋をしていると自由をうばわれる。
恋しい人のいない世界では住みづらくなる。
でも素晴らしい。


タイトルに惹きつけられました。
お縫い子ってなんぞや?と思ってたけど、一針入魂ってかっこいいなぁ。
欲深くなくて、都会にかぶれることもなくて、淡々と生きているんだけど
きちんと前に進んでいる照美に好感が持てました。まだ16歳!

栗田さんのこの淡々とした感じと、なだらかなストーリー展開に
すっかりファンになってしまいました。
穏やかに読めて、でもちゃんと物語の世界に連れてってくれて、
脳みそいっぱい使った日なんかは特に良さそうです。

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
10:00  |  栗田有起
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。