2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.09.14 (Mon)

贖罪 湊かなえ

取り柄は空気がきれいなこと。
その小さな町で少女殺害事件が起きた。
目撃者は一緒に遊んでいた4人の少女たち。
でも、犯人は捕まらない。4人の誰もが犯人の顔を覚えていないというのだから・・・。

殺された少女エミリの母親は、4人の少女たちにある言葉を投げつける。

「わたしはあんたたちを絶対に許さない。時効までに犯人を見つけなさい。
それができないのなら、わたしが納得できるような償いをしなさい。
そのどちらもできなかった場合、わたしはあんたたちに復讐するわ」


その言葉におびえた少女たちは、それぞれどんな償いをしたのか---。


告白少女、に続く湊さんの3作目。
「告白」に近い印象を受けました。
4人の少女と、エミリの母親が語っていく連作短編のかたち。
物語の世界に引っ張り込むスピードはやっぱり早いです。
なんか気持ち悪いのに、読むのをやめられなくてページを繰ってしまう・・・。

人間の底意地の悪さとか、身勝手さとかの負の感情が生々しいほどリアルなんですよね。
だから不快になるのかもしれない。
でも、自分にも少なからずそういう部分があるから読むのをやめられないのかな。

いやーな気持ちだけが残るのに、また次出たら読んじゃうと思います。
中毒?

★★★★☆




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:57  |  湊かなえ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。