2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.08.27 (Thu)

ふたりの季節 小池真理子

夏の昼下がり、並木道に面したオープンカフェであの人に再会した。

早めの夏休みをとっていた由香は、偶然かつての恋人であった拓と再会する。
実に30年ぶりだ。
1970年の夏。2人が過ごしたあの頃。
狂おしくて、切なくて、大好きだった。

由香は2年前に離婚し、拓は6年前に妻と死別していた。
違う道を歩いていた2人が長いときを経て再会し、あの時に思いを馳せる。


物語は今の2人の今後の展開は全然なくて、若かったあのときの
思い出を回想するかたちで進んでいく。
あんなに大好きだったのにどうして別れが訪れてしまったんだろう。
あのとき読んだ本、聞いた音楽、狭いアパートの部屋。
必然的に学生時代の恋人を思い出してしまうような物語です。
50代、60代の人が読むともっと楽しいかな?
30分くらいで読めてしまうので、それこそ昼下がりのカフェで白ワインを飲みながら
オシャレに読んでみたいものです。
もちろん私は自宅で麦茶片手にでしたが(笑)

★★★☆☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
06:46  |  か行その他
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。