2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.11.04 (Tue)

八日目の蝉 角田光代

不倫相手との間にできた子供を泣く泣く堕胎した希和子は、不倫相手宅に忍び込んで、
まだ寝ている赤ちゃんを奪ってきてしまう。
自分が産めなかった子供。その子を”薫”と名づけ、ただひたすら愛し、逃亡していく。
怪しげな宗教団体に紛れ込んだりしながらも、本物の親子以上に深い愛情で乗り越えていく二人だが、
最終的には・・・。

第一章は希和子目線、第二章は薫目線で描かれています。
第一章は逃亡部分、第二章は成人になった薫が、憎み続けていた犯人(希和子)と同じように不倫を
している、というところに読みどころがあります。

角田作品で一番好きかも。

★★★★★



ランキング参加中
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
21:05  |  角田光代  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cocokinoko.blog25.fc2.com/tb.php/32-d1bb8869

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。