2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.18 (Sat)

東京バンドワゴン 小路幸也

東京の下町の古本屋「東京バンドワゴン」。
老舗の古本屋に住まうのは、親子4代にわたる大家族。
頑固者の勘一、自由奔放な伝説のロッカー我南人、
我南人の子供たちである藍子・紺・青。藍子の子供花陽、
紺の妻である亜美と息子の研人、総勢8人の賑やかな家族。

そこへ飛び込んでくるさまざまなトラブルを、家族総出で解決していく。

語り手はもう亡くなってしまった大ばあちゃんの堀田サチ。
いつもみんなのそばにいて、家族を見守っています。
春、夏、秋、冬と季節ごとの連作短編集。なのかな?


ずっと読みたいと思っていた、東京バンドワゴンシリーズです。
語り手がおばあちゃんということもあって、とても優しい印象。
堀田家に飛び込んでくるトラブルはさまざまだけど、そこには必ずLOVEがある。
堀田家の面々は、どこか一風変わっているんだけど、なんていうか芯がある。
子供も大人も、曲がったことは大嫌い、な感じ。

大家族、で育ったわけじゃないんだけど、なぜか懐かしく感じます。
古きよき日本の、人情物語。
優しくあったかい気持ちになれます。

次も楽しみだー!

★★★★★



ランキング参加してます。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
22:25  |  小路幸也
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。