2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.15 (Wed)

ふじこさん 大島真寿美

その頃のリサは、子供のくせに既に絶望していた。
両親の別居に中学受験。
特に父親っ子じゃなかったし、祖父母の家には自分の部屋もあって
物資的にはかなり恵まれている。でも絶望なのだ。

あっさり離婚すると思っていたのに、予想外に両親は親権争い。
反発する気持ちもあって、いつでも父親に会い行けるように合鍵をもらった。
元我が家である父親の住むマンションの屋上に行っては、
下を見下ろし、死ねるっていうことを確認する。それがリサの切り札だから。

鍵はもらっていても訪れたことはなかったのに、その日はなぜかふいに
父親の部屋を訪ねてみる気になった。父は仕事中のはずだし、と
合鍵を使ってみたら、中には見知らぬ女の人がいた。
娘であるリサにお構いなしに、父親の恋人と名乗る。
周りの大人と違って自分を子ども扱いしないふじこさんに、リサは惹かれていく。


子供の頃に出会う両親以外の大人って、インパクトが大きい。
いい影響を受けることもあるし、もちろん悪い影響ばっかりのときもある。
学校の先生しかり・・・。
ふじこさんは、リサを子ども扱いしない。ごまかしたりしない。
教えてほしいことを真摯にきちんと説明してくれる。たとえリサがわからなくても。
宝物は宝箱に入っているわけじゃない。
リサがちゃんと宝物を見つけることができて良かった!

ほか、「夕暮れカメラ」「春の手品師」収録。

★★★★★



ランキング参加してます。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
17:18  |  大島真寿美
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。