2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.06 (Mon)

もっと、わたしを 平安寿子

連作短編。

「いけないあなた」
真佐彦はトイレに監禁された。二股をかけていることがバレてしまったのだ。
二人の女が自分を取り合いしてる。モテない自分にとっては夢のような出来事。
二人にプロポーズしたのがいけなかったのかなぁ。

「ノー・プロブレム」
吉村有樹は顔がいい。仕事だって顔でかなり得してる。
会社の女はみんな有樹とデートしたがってる。
でもデートした女の子から二度目の誘いがない。

「なりゆきくん」
正太はクロス貼り専門のカワサキ建装に入った。
社長の娘であるしのぶは顔もあんまりかわいくないし、何せ無愛想。
でも飲みに誘われてキスはしてくる。
それって俺のこと好きだから?

「愛はちょっとだけ」
歯医者で受付嬢をしている絵真は、瀬戸朝香似の美人。
でもいやらしい顔をしている、男をその気にさせる顔だ、と言われたことを
ずっと引きずっている。本当に好きだったのに、2年付き合った恋人にフラれた。
合コンのサクラのバイトで、高校時代の友達麻衣子に再会した。

「涙を飾って」
私はオヤジ殺しだ。媚び技を極めてここまでやってきた。
一人息子の進を女手ひとつで育ててる健気なシングルマザー。
でもそろそろ一人の子育てもきつい。あの人が新しい父親になってくれないかな。


恋にまつわる短編集です。連作短編なので、前の話と少しずつ関係があって楽しい。
「大きな感動」とか「泣ける!」がないんだけど、面白い。
それぞれタイプの違う5人だけど、感情移入しちゃいます。
いやーな奴もいるんだけど、それがあんまり毒になってなくてサラリと描かれている。
なんてことのない恋愛のかけひきなんかを、なんてことなく書かれてるのに
面白いんだから、すごいなー。
「もっと、わたしを」というタイトル、もっと私を見て!知って!という素直な叫び
のような気がします。

★★★★★


ランキング参加してます。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
22:22  |  平安寿子
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。