2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.03 (Fri)

グラスホッパー 伊坂幸太郎

鈴木は復讐したかった。
寺原の長男に妻を殺された鈴木は、寺原の会社「フロイライン」に潜り込んで
その時を待っていた。フロイラインはとんでもない会社だ。
そのとんでもない会社で、とんでもない仕事をしていたその時、
目の前で寺原の長男が車で轢き殺される。
どうやら何者かに後ろから押されたらしい。
一緒にいたフロイラインの社員に、押した奴の後をつけろと命ぜられた鈴木は、
その「押し屋」と呼ばれる殺し屋の後をつける。

寺原長男の事件から次々つながる殺し屋たち。
押し屋の「槿」、自殺屋の「鯨」、一家惨殺をも難なくやり遂げる「蝉」。
その中にただ一人放り込まれた素人の鈴木。
4人の追いかけっこ。


伊坂さんの作品ってなんとなくの読まず嫌いでまだ2冊目です。
何回か図書館で借りたのに、結局読めなくて返すこと数回。
やっと、やっと読破です。

鈴木、鯨、蝉、で各パートに分かれてて分かりやすかった。
殺し屋の話だからしょうがないんだけど、人が死にまくり!
自殺屋って怖い・・・。人は誰でも死にたがっているのかな・・・ほんとに。
鯨に殺されるのが一番嫌だけど、鯨が一番かっこいい気がしました。
槿もいいんだけどねー。
あの家族(偽だったけど)も良かったし。

でも嫌いじゃないんだけど、好きでもないんです・・・。
なんとなく「入れない」んです・・・。

伊坂さんの作品でオススメがあったら教えてください!

★★★☆☆


ランキング参加してます。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
20:47  |  伊坂幸太郎
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。