2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.06.09 (Tue)

建てて、いい? 中島たい子

30代半ば、女、独身。
40歳になるまでは絶対に引っ越そう!そう心に決めた矢先、
真里はアパートの階段から転がり落ちた。

40歳までには結婚しよう・・・。

婚活するものの、私ってそんなに結婚したいのか?と疑問を抱く。
そして婚活は中断。
自分の居場所を求めた真里は、家を建てることにする。

しかし、モデルルームに行っても、家を買う前提は「家族」
女ひとりじゃ、マンションは良くても戸建はダメなの?

真里は、自分の居場所である「家」を建てることはできるのか?


奇しくも、私自身も家を買い換えようと思っているところなのです。
今の家も気に入っているけど、一戸建ても捨てがたい!
そんな時なので、最初からモロに感情移入。

家って自分の今の状態を如実に反映してる。
心にゆとりがなくてギスギスしてるときは、なんとなく部屋も雑然としてるし。
逆に家を心地いい空間にしておくと、いつの間にか元気になっていることもある。
家って不思議。
お金をたくさんかけたからって「いい家」とは限らない。
「いい家」ってどんな家なんだろうな、って考えちゃいました。

他、「彼の宅急便」収録。

中島たい子さん初読みでしたが面白かったので、
他の作品も読んでみよう!

★★★★★



ランキング参加してます。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
07:00  |  中島たい子
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。