2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.06.03 (Wed)

図書室の海 恩田陸

いろんなジャンルの話が入った短編集。

●春よ、こい
●茶色の小壜
●イサオ・オサリヴァンを捜して
●睡蓮
●ある映画の記憶
●ピクニックの準備
●国境の南
●オデュッセイア
●図書室の海
●ノスタルジア

なかなか読みごたえあり。
表題作の「図書室の海」は、「六番目の小夜子」の番外編なんだけど、
肝心の「六番目の小夜子」をまだ読んでいなくて…。
でも図書室独特の雰囲気とか、貸出カードとかが懐かしかったな。
(貸出カードって結構好きだったんだけど)

「ピクニックの準備」も、これまた「夜のピクニック」の番外編。

私の中の恩田陸さんのイメージは、「夜のピクニック」が強くて、
なので、ゾクゾクっとするような作品が多いこの本はちょっと意外だった。
いい意味で予想外で、面白かった。

「茶色の小壜」が好き。
「春よ、こい」難しい。何度か読んでしまった。

★★★★☆


ランキング参加してます。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
18:30  |  恩田陸
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。