2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.05.24 (Sun)

格闘するものに〇 三浦しをん

主人公の可南子は大学生で、就職活動真っ只中。
異常なほどの漫画好きな可南子は、漫画編集者になるべく出版社を受けまくる。
「平服で」と言われて本当に普段着で(しかも豹柄ブーツ)で行ってしまったり、
SPI試験を「スパイ試験」と勘違いしていたり、かなり不安・・・。
大学の友達である二木君と砂子も、就職活動してるんだかしてないんだか
分からない状態。

可南子は、政治家である父と、後妻である義母、腹違いの弟の4人家族。
でも父はほとんど家にいない。義母との関係も微妙で冷戦状態。
就職活動に勤しむなか、父の後継者を誰にするかで親族会議が開かれる。
弟に白羽の矢がたち、その後弟は突然家出してしまう。

意地悪な面接官に立ち向かい、弟の行方を捜して、義母の機嫌を伺う。
可南子に平穏な日は訪れるのか?


三浦しをんの長編デビュー作。
デビュー作とは思えない完成度の高さ!だと思う。
つい最近まで一応就職活動に勤しんでいた私にはタイムリーな話でした。
意地悪な面接官って本当に多いよね・・・。

可南子の周りの登場人物もゆるキャラでいい感じ。
二木君みたいな友達欲しいなぁ。
就活奮闘記というにはゆるくて、それがちょうどいいです。

★★★★★



ランキング参加してます。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
21:24  |  三浦しをん
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。