FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.05.09 (Sat)

もうすぐ 橋本紡

産婦人科医の医療過誤で一人の妊婦が亡くなった。
ネット新聞の記者である由佳子は、この事件を機に妊娠と出産についての
取材を始める。

由佳子自身は結婚しているが子供はいない。
仕事・将来への不安を考えると、今のところ作る予定はない。
しかし、取材を続けていくうちに、30代で妊娠することの難しさ、
現代の出産事情を目の当たりにして、驚愕する。

どうして人は子供を産むのか。

深く考えさせられました。
私も由佳子と同様、30代の既婚子なし。
結婚5年目ともなると、やっぱり「子供は?」と言われることも多いし、
周りの同年代が子供を産むと、若干焦りも感じる。
だからといって、今は積極的になれない。
このモヤモヤした考えにパンチを喰らったみたいで衝撃でした。
30代の妊娠する確率の低さ、不妊治療の現実、お産難民・・・。
男と女の捉え方の違いも。

小説というよりドキュメンタリーのように感じました。
子供が欲しい人もそうでない人も、30代も20代も、男も女も、
現実を知るために読んで欲しい1冊。

美咲の出産シーンは、やっぱり涙してしまいました。
未経験だからこそなのかもしれないけど。

最近この手の話題にめっぽう弱いです。

★★★★★



ランキング参加してます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



15:50  |  橋本紡
 | HOME |