2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.04.19 (Sun)

容疑者Xの献身 東野圭吾

高校で数学教師をしている石神は、隣に住む靖子の勤める弁当屋に
毎朝遠回りをして足しげく通っている。彼女に会うために。

ある日石神は、隣の部屋から靖子母娘と何者かが争っている音を聞き、
靖子の部屋を訪ねる。そこで靖子の元夫富樫を、靖子母娘が殺害して
しまったことを知り、二人を助けるべく、様々なトリックを考える。

警視庁の草薙刑事と、その友人である湯川学。
石神は、湯川の大学時代の友人でもあった。
天才と呼ばれた男との久しぶりの再会に湯川は喜ぶが、
富樫殺害事件を知り、結果的に石神のトリックに挑むことになってしまう。


だいぶ遅ればせながらの「容疑者Xの献身」です。


切ない。切な過ぎる・・・。
ここまで誰かを想うことができるなんて。
ほんと「献身」ですよ。

トリックが、最後まで全然分からなかった(のは私だけ?)のも、
読むスピードに拍車をかけた要因。
おまけに、舞台が家の近所だったこともあって、冒頭からのめり込みました。

石神にしろ、工藤にしろ、靖子にはもったいない!!

最後まで石神の気持ちを尊重してあげたいような、そうでないような・・・。
とにかく悲しい。

★★★★★



ランキング参加してます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:00  |  東野圭吾
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。