2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.04.18 (Sat)

乱暴と待機 本谷有希子

お兄ちゃんは私に指一本触れません。
二段ベッドの上と下で、私とお兄ちゃんはいつも別々に眠ります。
私達は本当にいろんなことに気づかないふりをしなければいけません。


保健所で犬の殺処分の仕事をしている英則と、
英則を「お兄ちゃん」と呼んで一緒に暮らしている奈々瀬。
二人は兄妹じゃない。幼馴染みたいなものだ。

復讐されることをひたすら待つ奈々瀬。
復讐する方法を毎日考え続ける英則。
でもそれって何に対する復讐なんだっけ・・・。

二段ベッドの上で英則はある日天井の板が少しズレていることに気づき、
そこに身を滑らせ、天井裏から奈々瀬を覗き見し始める。

不可思議な関係の奈々瀬と英則に興味を抱く、英則の同僚の番上。
番上の彼女あずさは、かつて奈々瀬とクラスメイトである。
まともな(?)第三者が入ってくることで、奈々瀬と英則の関係は変化する。


いやー、すごい。
狂ってる。
復讐することとされることでしか、二人一緒にいられる方法はないと思ってる。

「永遠の愛は疑ってしまうけど、永遠の憎しみなら信じられる」

だって、復讐する元々の要因を二人とも分かってないんだもん。
ありえない。分からない。理解できない。
なのに、こんなに面白いなんて。神だな。

★★★★★



ランキング参加してます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:00  |  本谷有希子
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。