FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.04.14 (Tue)

少女七竈と七人の可愛そうな大人 桜庭一樹

いんらんな母親から生まれた少女はとても美しかった。
名前は七竈。

いんらんな母親は25歳のある時から、立て続けに7人の男と関係する。
そして身ごもった娘は、母親とはあまり似ていない、美少女へと成長する。

七竈は美しさを忌み嫌う。
幼馴染の雪風といつも一緒にいて、友達もあまりいない。
雪風もまた美しい少年だった。七竈に似て・・・。

母は旅人であり、七竈を置いてふらりとどこかへ行ってしまう。
残された七竈は、祖父と二人、母の思い出を感じながら暮らしていく。


立て続けに7人の男と関係してしまうようないんらんな母親。
なのに、この小説にはなぜか正統な美しさを感じる。
「淫乱」を「いんらん」と書いたり、「かんばせ」って言葉も良かったな。
七竈や雪風などの名前も美しい。
独特な雰囲気で、でもどっぷりとその世界に浸かれた。

★★★★★



ランキング参加してます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



23:52  |  桜庭一樹
 | HOME |