FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.04.12 (Sun)

ぜつぼう 本谷有希子

本谷有希子。
すっかりハマってしまって、せっせと図書館で予約しまくりです。



主人公の戸越は元売れっ子芸人。
世の中は残酷だ。
売れてるときはちやほやしてくれるけど、ひとたび売れなくなると
誰もが存在すら忘れ、悪意のある言葉をぶつけてくる。

戸越は、絶望していた。

ある日公園で出会った男に、「復讐すればいいじゃん」と言われて
教えられるままに男の故郷である田舎町に行くことになった戸越。
でもその男の家には、全く見知らぬ女が住み着いていた。

村の人々に怪しまれぬように表向き夫婦として暮らす戸越と女。
女シズミは、昔から戸越のファンだったと言う。
シズミと暮らしていくうちに、戸越は自分の絶望は実は大したことが
ないんじゃないかと疑い、自分がどれだけ絶望しているのかを
証明しようと試みる。


売れなくなって世の中から見捨てられてしまった芸人、戸越。
不眠症と闘ったり、誰もが自分を「元芸人」として見ているのでは
ないかという被害妄想っぷりがすごい。
不眠症とか鬱とか描くのどうしてこんなにうまいんだろう・・・。
世界を旅する企画で売れた芸人----もしやあの??(笑)

絶望なんてその当人にしか分からないよな。
他人が想像したところで、それは全然違う。のかもしれない。

前2作ほどの迫力はないけど、サクサク読みやすくて、
ひしひしと切なさが伝わってきた。

★★★★☆



ランキング参加してます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



23:00  |  本谷有希子
 | HOME |