2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.04.09 (Thu)

灰色猫のフィルム 天埜裕文

母親を包丁で刺し殺した僕は、ひたすら逃げる。
自転車に乗り行くあてもなくさまよい、自分を傷めつけて顔の形を変え、
髪の毛を切り、所持品を捨てる。

所持金も残り3円になってしまい、その3円で見知らぬホームレスからパンの
かけらをもらった僕は、その人、ハタさんに誘われるままに、
ホームレスが集まる場所で生活を始めた。

ハタさんが飼っていた猫が殺されてしまい、僕を犯人と勘違いしたハタさんに
襲いかかられた僕は、ハタさんの目に鋏を突き刺した。
そしてまた僕は一人になる。


とにかく状況説明が続くばっかりで、全然物語に入っていけない。
母親を殺した理由もわからないし。
僕の狂気っぷりはよく伝わったんだけど、描写がホントに気持ち悪くて
読んでいるこちらの口の中まで粘つくようだった。

良さは全く分からず…残念。

☆☆☆☆☆



ランキング参加してます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
23:00  |  あ行その他
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。