2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.04.08 (Wed)

バスジャック 三崎亜記

前回読んだ、となり町戦争が面白かったので、今回にも期待。
勝手に長編だと思っていたら、短編集でした。

●二階扉をつけてください
●しあわせな光
●二人の記憶
●バスジャック
●雨降る夜に
●動物園
●送りの夏

長さも雰囲気も異なる7つの短編だったけど、どれも楽しく読めた。

となり町戦争みたいに発想が独特で、でも重くないので読みやすい。
好き嫌いは別れるかもしれないけど、私は結構好き。

●二階扉をつけてください
●バスジャック

が、良かったかな。
バスジャックブームだったり、町中が二階に扉をつけるっていう発想は、
ちょっと原宏一っぽさも感じた。

●送りの夏

は、他の作品とちょっと違って感動モノ。
生と死。死にきちんと向かい合うっていうこと。
最後ちょっと涙ぐんでしまった。


ありえない世界なんだけど、きちんと完成されているので
違和感なく入っていけて笑える。
ハマりそうです。

★★★★★



ランキング参加してます。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:00  |  三崎亜記
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。