2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.30 (Mon)

グラスウールの城 辻仁成

レコード会社で制作ディレクターをしている僕は、
10年の不摂生がたたったのか、幻聴に悩まされている。
忙しさにかまけて病院にも行っていない。
彼女との距離も、だんだんと離れていってしまった。

そんなときに僕は、マスタリングエンジニアである鹿島と出会う。
変わり者と評される彼は、音楽はデジタルになってしまったことによって
音の神様の居場所をなくしてしまった、と言う。
僕が手がけた「ストレスレスミュージック」も、根底ではストレスレスには
なっていないのだ。

本当に神様が宿っている音とは。

急な人事異動でディレクターを外されてしまった僕は、鹿島とともに
紋別の流氷の音を撮りに出かける。


初辻作品。
不思議と今まで一度も手に取ったことがなく。

音楽に詳しくないと楽しめないかな、と思ったけど全然大丈夫だった。
鹿島がかっこいいなぁ。ものの見方とか考え方がステキ。
レコード聴いた記憶ってほとんどないから、レコードを聴いてみたくなりました。
始めに出てくる母親の再婚って、何かを象徴してることだったのか?

他、「ゴーストライター」収録。

★★★★☆



ランキング参加してます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:50  |  た行その他
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。