2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.23 (Mon)

太陽の坐る場所 辻村深月

高校を卒業して10年。
今年もクラス会が開かれる。でも女優になったキョウコは来ない。
元クラスメイトの誰もが、キョウコに会いたがっている。

そこに白羽の矢が立ったのは聡美。
みんなを代表して、キョウコに会いに行くことになった。
そこから始まる各々の思惑。あの日の思い出。
5人のクラスメイトがそれぞれの目線で語る。

一番最初の聡美の章が、上から目線さとウダウダ続く感じで、
なかなか物語りに入り込めなかった。
しかし、途中からは一気に。

ん?リンちゃんって倫子?
あれ?キョウコが二人?
違和感感じながらも読み進めて、最後にやっと分かりました。
(何度も読み返してしまったけど)

学生時代に絶対的地位を持っていた女子、いたなぁ。
その辺はリアルでした。
にしても、誰もが高校生活に囚われすぎ!
島津が執着っぷりがこわかった。

★★★★☆



ランキング参加してます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
21:19  |  た行その他
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。