FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.03.03 (Tue)

高く遠く空へ歌ううた 小路幸也

僕はその日、骸骨池で10人目の死体を見つけた。
いつもなぜか死体の第一発見者となってしまう少年、ギーガン。
左目を失ってしまい、義眼を入れていることからみんなにギーガンと呼ばれている。
そしてギーガンは、感情を表に出すことができない。
うれしいことも、悲しいことも、お父さんが死んでしまったときでさえ、
彼は泣くことができなかった。

ビギニングウィークと呼ばれる春合宿で同じ部屋になった上級生の柊さんと
この町に隠された不思議な出来事について探っていく物語。
犬笛が歌われた次の日には自殺者が出る。
そこに必ず現れる革ジャンの男の正体は?


ミステリーなんだけど、どこかほのぼのしているのが小路幸也っぽいと言えるのかな。
心底悪い人っていうのが出てこない。
そして登場人物がみんな魅力的。
だから安心して読める。
シリーズだったみたいで、読む順番を間違えてしまったのが残念。

ギーガンやルーピーの成長っぷりもいい。
柊さんみたいな先輩がいたら、絶対好きになってるな・・・

ほっとする。

★★★★☆


ランキング参加してます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



13:13  |  小路幸也
 | HOME |