2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.02.25 (Wed)

東京公園 小路幸也

幼い頃に、フォトグラファーだった母親を亡くした圭司。
自然とカメラマンを目指すようになった圭司は、
大学に通いながら、母が撮りたかったであろう家族写真を撮っている。

ある日いつものように公園で母娘を撮っていた圭司は、
ある男から「妻を尾行して写真を撮ってほしい」と頼まれる。
年若い妻が、もしかしたら浮気をしているのではないか、と不安なのだ。

晴れの日は必ず公園に行くという母娘を尾行する日々が始まった。

写真を撮っていくうちに、被写体である美しい母親である百合香に
惹かれて行く圭司。
そして百合香は自分の写真を撮られていることを知っているようだ。

決して言葉を交わすことなく、撮る側・撮られる側だけの関係。
でもそこには穏やかな信頼関係が築かれていた。


春の日差しのような静かであったかい物語。
公園の景色だったり、そこにいる人たちが目に浮かぶよう。
圭司の同居人や友人、血のつながりのない姉など、
個性がありながらも優しさにあふれた登場人物ばかり。
恋愛小説、というよりは、いろんなかたちの愛情を描いた話かな。
たとえ一緒に住んでいなくても、物理的に離れていても、
「一緒に生きていく」という表現がすごくいいなーと思った。

★★★★★


ランキング参加してます。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:25  |  小路幸也
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。