2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.02.14 (Sat)

沖で待つ 絲山秋子

芥川賞受賞作。文庫が出ていたので買ってみました。

主人公の私と、同期の太っちゃんとの友情を描いた作品。

入社した住宅設備機器メーカーで、同じ福岡配属となった私と太っちゃん。
2人とも見知らぬ街への配属で不安を抱きつつ、そんな気持ちを分かち合って
2人は友情を築いていった。

その後、転勤で離れ離れとなり、何年か経ったのち、また2人は再会。
そのときに太っちゃんが私にある提案をする。
「おまえさ、秘密ある?」

お互いがもし死んだら、PCのHDDを破壊して、誰にも見られたくないものを
抹消しようというのだ。
そして太っちゃんは、家の地図・鍵・PCをあけるドライバーを送ってきた。

それを思ったよりもだいぶ早く使う事になってしまった。
太っちゃんが不慮の事故で亡くなったのだ。
誰にも気付かれぬように部屋に入り込み、HDDを破壊する私・・・。


男女でありながらも、私と太っちゃんの間には固い友情しかない。
それは、「仕事」を通してだからこその信頼関係なんだろうな。
そこに死があることは悲しいんだけど、二人の友情が羨ましくて、
太っちゃんが隠したがっていたものがかわいくて、切ないながらも癒されました。

ほか、●勤労感謝の日●みなみのしまのぶんたろう 収録。

★★★★★



ランキング参加してます

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
11:11  |  絲山秋子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cocokinoko.blog25.fc2.com/tb.php/146-e7c3623a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。