2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.02.13 (Fri)

ブルーもしくはブルー 山本文緒

二人の蒼子。
佐々木蒼子と、河見蒼子。

佐々木蒼子は恋人と別れるためのサイパン旅行の帰り、
成田空港に降り立つはずが、台風のため福岡に降りることになった。

そこでふと思い出した男、河見俊一。
佐々木蒼子は、今の夫と知り合う前に、河見俊一と付き合っていた。
河見と佐々木で迷った挙句、佐々木と結婚したのだった。
しかし、佐々木との結婚は破綻寸前。でも今の自由で豪華な生活を捨ててまで
佐々木と別れられないでいた。

博多で一泊することになった佐々木蒼子は、街中で偶然河見俊一に遭遇する。
そして俊一の隣にいた女は、自分と瓜二つだった。
思わず跡をつけた佐々木蒼子は、もう一人の蒼子、河見蒼子と出会った。

二人の蒼子は、全てがまったく同じだった。
容姿はもちろん、生年月日も思い出も。
自分とは違って幸せそうに俊一と暮らす河見蒼子をうらやましく思った。
佐々木蒼子は河見蒼子に、入れ替わって1ヶ月の間、お互いの夫と暮らすことを
提案する。



何となく山本文緒らしくないストーリーなんだけど、すごく面白かった。
ドッペルゲンガー。本体と陰。
一人が本体なら、一人は陰でしかありえない。
互いを羨んで、次第に憎みあう二人。
でも、互いが嫌いなところは、自分の嫌いなところでもあるのだ。
なんか深いなー。
最初は双子みたいで楽しそう、と思ったんだけど、やっぱりドッペルゲンガーはいらないや。
隣の芝生は青いってことです。

きっと、また二人が出会っても同じことを繰り返してしまうんだろうな。

★★★★★


ランキング参加中です。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
12:30  |  山本文緒  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cocokinoko.blog25.fc2.com/tb.php/145-206e5756

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。