2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.02.07 (Sat)

日曜日たち 吉田修一

東京に暮らす5人の男女の日曜日を描いた連絡短編。

●日曜日のエレベーター
●日曜日の被害者
●日曜日の新郎たち
●日曜日の運勢
●日曜日たち

どれも全く別の物語なんだけど、全ての物語にある兄弟が登場する。
九州から母親を探して上京してきた二人の幼い兄弟は、
以前母親から届いたハガキの住所を手がかりに東京をさまよっている。
それぞれの日曜日を過ごす主人公たちが、その兄弟と微妙に絡んでくる。


表題にある●日曜日たちが一番良かった。
名古屋から上京してきてはや15年、そして今日名古屋へ戻る乃里子の
東京での最後の日曜日。

当時、彼からのDVに耐えられなくなって、ある団体へと駆け込んだ乃里子が
そこで出会ったのは、幼い兄弟だった。

それから年月が経ち、その最後の日曜日に彼らと再会する。


最後にホッとできて、すがすがしい気分になる作品だった。
一つ一つの話は短いこともあって、サラリと読んでしまうんだけど、
やっぱり兄弟の存在が大きかった。

★★★★★



ランキング参加してます!応援よろしくお願いします★
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
13:10  |  吉田修一  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cocokinoko.blog25.fc2.com/tb.php/139-5931a751

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。