2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.01.29 (Thu)

笑う招き猫 山本幸久

アカコとヒトミ、女性漫才コンビの活躍を描く青春小説。

丸っこくて動いてるだけでユーモラスなアカコと、
身長170を超える大女のヒトミ。
二人は大学時代に一度だけ学祭で漫才をしたことがあった。
卒業後、OLをしていたヒトミの元に、漫才をやろう!とアカコが乗り込む。
仕事が全く面白くなかったヒトミは、一か八か漫才の道へ。

しかし、初舞台は散々。全然受けない。
しかもその日の打ち上げで先輩芸人のセクハラに耐え切れず、
アカコがその芸人を殴り飛ばしてしまう。
テレビに出て、適当に笑いを取る芸人じゃなく、いつまでも
舞台で目の前のお客さんを爆笑させたい!と思う二人だが、
徐々に人気が出てきてついにテレビに出演することになった。
ファンに、「テレビの時、手抜いてませんか?」と言われたことが発端で
二人は大喧嘩してしまい、コンビ存続の危機に。どうなる!?


テンポが良くて、サクっと読み進みます。
爽快で、まさに涙あり・笑いあり。
30歳手前の崖っぷちの女二人が、必死に「お笑い」に喰らいついていく
ところと、二人の友情がまさに青春小説って感じです。
アカコとヒトミが出会うきっかけとなった招き猫。
何でアカコがそんなに大量の招き猫を売っていたのかがラストにわかって
ちょっとホロリ。

解説がラーメンズの片桐さんです。
そうか、アカコとヒトミのモデルってラーメンズだったのね。

元気になれる1冊です。

★★★★☆


ランキング参加してます!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
21:57  |  山本幸久  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cocokinoko.blog25.fc2.com/tb.php/130-d0040799

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。