2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.01.18 (Sun)

元職員 吉田修一

片桐は休暇でタイのバンコクを訪れた。
そこで知り合った現地で働く日本人、武志に案内され、
熱気に包まれたバンコクでの数日を過ごす。

武志に紹介されたのは、ミントという若い女。
ミントを通して、自分がしてきたことを見ているのかもしれない。
片桐は公金を横領していた。
はじめはたったの514円。それがいまや数千万にも及んでいる。
武志もミントも、片桐のことを金持ちだと思っていて、片桐もそんな役を演じている。
ミントを買った数日間で、片桐は嘘だらけの世界を見る。


些細なことから罪を犯し、歯止めがきかなくなっていく。
現実を直視できない片桐の心情がうまく描かれている。
最後ミントの弟に殴れられてから、片桐は大きく変化する。
堂々としていればいいのだと開き直って、帰りの飛行機に乗るところで終わるが、
それは異国の地にいたから思うことであって、日本に戻ってきたら
また同じことの繰り返しなのだろう。
読後感はあんまり良くないが、この感じが結構好き。

★★★★☆


ランキング参加してます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト
09:25  |  吉田修一  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cocokinoko.blog25.fc2.com/tb.php/119-3b15a6ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。