2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.01.07 (Wed)

ホームタウン 小路幸也

北海道にある百貨店「三国屋」に勤める柾人のもとに、ある日手紙が届いた。
5年も会っていない妹、木実からだった。結婚するという。

両親がお互いを殺しあったあの日から、柾人と木実は家族を持つことを恐れていた。
人殺しの血がかよっている自分たち。
木実はその忌まわしい過去を乗り越えて結婚を決めたのだ。
結婚の報告に喜んだ柾人だったが、その後、木実も婚約者の青山も忽然と姿を
消してしまった。

三国屋の「特別室」に籍をおく柾人は、かつて親代わりをしてくれ今は上司である
カクさんや、裏世界に通ずる草場さんと一緒に二人を探し始めた。
あの日以来避けて通っていた故郷へと足を向ける。


ミステリーでありながら、家族の絆を描いた作品。
周りの登場人物がほんとに魅力的。
カクさんや草場さんはもちろん、柾人の下宿先のおばあちゃんが特にいい。
仕事上、極秘にしなければいけないことばかりの柾人に、
「墓場まで持っていってあげるから、溜め込まずに話しなさい」と優しく声をかける。
あったかい気持ちになりました。

★★★★★


ランキング参加中です。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
21:34  |  小路幸也  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cocokinoko.blog25.fc2.com/tb.php/108-cc954c15

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。