2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.02.25 (Fri)

見知らぬ人へ、おめでとう  木村紅美

「…あの、むかし、日比谷で、いっしょにコンサート観ませんでしたか?」
かつて一度だけ会ったことがあるふたりの女性の、十数年ぶりの再会…。
過去をふりかえりたいわけではない。
なつかしみたいわけでもない。
いまのままでいいとも思っていない。
だけど、あの頃となにが変わったの?
小さな願いをかかえて生きる、ふたりの女性の姿を追った表題作ほか、
「野いちごを煮る」「天使」の2篇を収録。
内容(「BOOK」データベースより)



この記事でも「気になる作家さん」と書いていた木村紅美さん。

何かが起こりそうで起こらない。
何にも変わってなさそうで実は変わっている。

この絶妙な感じがとってもウマイなーと思います。

人生そんなにしょっちゅう劇的変化があるわけじゃないけど、
少しずつ少しずつ人は変わっていく。
そこをちょっとだけ切り取った物語。


★★★★★




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
16:42  |  木村紅美

2011.02.16 (Wed)

ハブテトル ハブテトラン 中島京子

「ハブテトル」とは備後弁で「すねている」という意味。
母の故郷・広島県松永の小学校に、2学期だけ通うことになった小学5年生の大輔。
破天荒な大人や友達と暮らすうち、大輔は「あること」に決着をつけようと、
自転車で瀬戸大橋を渡ることにする。
著者唯一の児童文学。
内容(「BOOK」データベースより)




方言が妙に心地いい。
おじいちゃん・おばあちゃん、ハセガワさん、魔女などの大人も、
子供たちもとってもいい味出してるこの雰囲気好き。

ダイスケ、物分りのいい子供らしくない子供だったけど、
自転車旅行を通して、松永の人たちとの出会いで
ぐっと成長!

パパママも子離れしないとね。

きっと東京でまたうまくやっていけるよ。



夏に読みたい1冊。


★★★★★




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




13:55  |  な行その他

2011.02.09 (Wed)

お別れの音 青山七恵

妊娠をきっかけに会社を辞めることになった、
ほとんど口をきいたことのない同僚が最後の日に告げた言葉。
会社の近くで働く靴職人の青年がなぜか気になってしまうわたしのとった行動。
記憶にない男性からのメールがわたしの心に起こす小さな波。
日常の中にあるさまざまな「お別れ」の瞬間を鮮やかに切り取った6篇。
史上最年少の川端康成文学賞作家によるちょっとせつない世界をお楽しみください。
(内容紹介)


ふと隣り合わせになった人たち。
小さな「別れの音」。
小さすぎて聞き逃してしまいそうな危うい音。

静かで平坦なんだけど、後からじわじわ染み入るような短編集でした。
この「静かさ」が最大の魅力。
しっかり堪能させていただきました。


「うちの娘」が好き。
「役立たず」の弥生がちょっと怖かったかな。


★★★★★




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



21:37  |  青山七恵
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。