2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.11.23 (Tue)

人生の使い方 平安寿子

定年後も続けられる趣味を探してカルチャーセンターの講座をハシゴする夫婦。
軽い気持ちで始めた趣味探しは、いつしか今後の人生を考えることにつながっていくのだった…。
すれ違う夫婦の思惑とそれでも夫婦でいることの意味をユーモラスかつシリアスに描く長編小説。
内容(「BOOK」データベースより)



定年後の夫。
無趣味のあの人が毎日家にいてゴロゴロしているなんて想像しただけで耐えられない!
とばかりに、夫に趣味を持つようにはっぱをかける妻。
それに引き換え、まだ定年まで数年あるのに趣味を持てとうるさい妻に辟易する夫。

二人でカルチャーセンターに行き、面白そうな講座に片っ端からチャレンジする。
でも二人の意向はなかなか合わない。
最初は趣味に対する考え方も全然違った二人が、
子供の進学や兄の病気などを経て徐々に趣味を持つことの大切さを痛感していく。


二人の攻防がテンポよく、楽しく読めました。
趣味って強制されてやるものではないけど、
人生において趣味を持つ意味って大きい!
いくつになっても好奇心のアンテナを張り巡らせ、興味のあるものに
果敢にチャレンジしていきたいものです。

親の介護や兄弟の病気、子供の進学問題。
自分の身にだっていつ何が起こるかわからない。
でもその不安や不満をウジウジ考えるんじゃなくて、
趣味を謳歌しながら乗り越えていく佳織の逞しさや明るさがとっても良いです。

カルチャーセンターのパンフレットでも覗いてみたくなりました。
楽しそう!
老後がちょっとだけ楽しみになる、そんなお話です。

人生をどう「使う」かは、自分次第!

★★★★★




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
07:06  |  平安寿子

2010.11.20 (Sat)

なくしたものたちの国 角田光代・松尾たいこ

イラストと小説が響かせる、生きるよろこび
松尾たいこのイラストと、それをモチーフに描かれた角田光代の連作短編小説。
女性の一生を通して、出会いと別れ、生きるよろこびとせつなさを紡いだ、
色彩あふれる書き下ろし競作集。
(内容紹介)


主人公成子の一生を追った連作短編。

いろんなものや動物たちと話ができた幼少時代、生霊になったときのこと、
なくしてしまったものたち。
これは大人の童話なのかな。

一つ一つの話がそれぞれ心にしみてきて、
読み終わったときには涙が止まりませんでした。
自分のなくしてきたものたち、今どこにあるのかなーなんて考えたりして。
なくしたものがあるから、生きてこれたのかもしれない。
今は忘れていても、いつかは思い出せるかもしれない。
きっと待っていてくれてるんだ。


普段の角田さんっぽくないけど、この感じ大好きです。
おススメ!
今回図書館で借りてきたのですが、これは買いです。

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

22:59  |  角田光代

2010.11.18 (Thu)

勝手にふるえてろ 綿矢りさ

賞味期限切れの片思いと好きでもない現実の彼氏。
どっちも欲しい、どっちも欲しくない。
恋愛、しないとだめですか。
内容(「BOOK」データベースより)



読んだことあると勝手に思ってたけど、綿矢さん初めて読みました。
へ~こんな感じなんだ!好き。

主人公は26歳で処女のヨシカ。
学生時代の片思いの相手をずっと忘れられず、
妄想癖バリバリの「イタい」女子。
同窓会で片思いの相手「イチ」と再会するも、
名前も忘れられていて撃沈する。
思いを寄せる「イチ」と、ヨシカに交際を迫る「ニ」。
さて、ヨシカはどうする?


独特の文体でサクサク読み進んでいって、
このまま終わっちゃう感じなのかなーと思っていたら、
最後の最後でドキュン!とやられました。
「ニ」、かわいいじゃん!
これから始まる二人を応援したくなりました。

長い時間をかけて、「イチ」から卒業できたんだね。


★★★★★




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

21:58  |  綿矢りさ

2010.11.02 (Tue)

チョコレートの町 飛鳥井千砂

不動産会社で店長の遼は、故郷にある店舗に一時的に赴任する。
閉塞的な土地柄や何事にもいい加減な家族を嫌っていたが、
友人の結婚問題や、父親の退職にまつわるトラブルなどを経て、見方が変わっていく。
そして遼自身も自分を見つめ直していた。
共感度抜群のエピソードがちりばめられた、一人の青年の成長物語。
(内容紹介)



私にはあいにく「故郷」って呼べるところがなくて(子供の頃何度か引っ越しているので)
故郷がある人がうらやましいって思うところもあります。
10代や20代の頃はあまり思わなかったけど。

帰ったら待っている家族や仲間がいる。
それってなんだかホッとするんだろうなー。
毎日いたら埋もれてしまうけど、たまに帰るから故郷の良さも悪さも際立つ。
遼は今回の一時的な帰省で、ひとつ前へ進めたんだと思います。

不動産屋で一緒に働く仲間たち、いい味だったなー。

読みやすくて共感もできるし、前向きになれる良い作品でした。


★★★★★




ランキング参加してます!応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

23:10  |  飛鳥井千砂
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。