2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.05.29 (Sat)

三人暮らし 群ようこ

マサミ、25歳。
そろそろ家を出たいけど、母親がうるさくて踏ん切りがつかない。
そんなとき、高校時代からの友人ミホからハウスシェアをもちかけられた。
ミホの同僚リョウコも誘い、築26年の一戸建てで始まった三人暮らしは、
家事分担も近所づきあいも、はじめてのことばかり―。
幸せな暮らしを求めて、同居することになった女性たちが紡ぐ夢と現実。
いろいろあるけど、ちょっと羨ましい十の物語。
内容(「BOOK」データベースより)



群ようこさん読むのなんて10年ぶりくらいかも。
久しぶりに読んでみると、これまたなかなか良かったです。


女3人で暮らすことになった10組のお話。
それぞれ年齢が違ったり、他人もあれば親子もあったりでバラバラ。
ワクワクしたり、ちょっとだけイライラしたり。
他人と住むことの難しさと楽しさが凝縮された1冊でした。


女同士って楽しそうだけど、やっぱり難しそう~!

私はこの中では「バラの香り」が一番好きです。


★★★★☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
21:32  |  ま行その他

2010.05.28 (Fri)

失恋延長戦 山本幸久

全力で片思い、しちゃいました!

苦しくって、ちょっぴりはずかしい……
そんな不器用で切ない日々をかろやかに描く青春ラブストーリー!

女子高生の米村真弓子は、放送部で一緒になった同級生・大河原くんに
片思いの日々を送っていた。告白したいけどできない、
そんな真弓子を見守っているのは犬らしくない犬・柴犬のベンジャミン。
真弓子の大切な話し相手だ。
そしてもう一人、真弓子を放っておかない存在が、
なぜか彼女をライバル視する同級生のゲロサキこと藤枝美咲。
自分の思いを口にできない真弓子に対して、我が道を突き進む、ちょっと?KYな女子だ。
高一、高二、高三、そして卒業後…一途に恋心を抱きつづける真弓子。
その思いにまったく気づかない大河原くん。寄り添うベンジャミン。
騒ぎを持ち込むゲロサキ。やがて大河原くんには年下の彼女ができて……。
海と山に囲まれた地方の町に暮らす、まじめで奥手の女の子の、
不器用で切ない日々をかろやかに描く、なんだかとっても素敵な青春ラブストーリー!!
(内容紹介)


山本さんお久しぶり。やっぱり安心して読めます。
真弓子のウブさと健気さがかわいかったな~。

かわいいかわいいラブコメディって感じで読んでいたんだけど・・・
最後の最後にやられました。
ベンジャミン…。

ずるい!泣いてしまったじゃないか(涙)
長い長い恋は、真弓子だけのものじゃなかった。

藤枝の強烈キャラが結構好き!
もっと絡みが見たい。


★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

10:15  |  山本幸久

2010.05.27 (Thu)

血戦  ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京 2 楡周平

同じ選挙区で議席を奪い合う、義父と娘婿の選挙戦。
それは、母と娘の、姉と妹の、壮絶な戦い。
家族は、ここまで憎み合えるのか。

政権交代を賭けた衆議院選挙。
不遇をかこつ元大蔵官僚・有川崇は、ついに出馬を決意する。
野党最大の目玉候補として。自分を飼い殺しにした義父への「刺客」として。

完璧な閨閥をつくり、権力の頂点を極める野望が絶たれた一族は、
真っ二つに割れ、欲望と憎しみをぶつけ合う。
連続ドラマとなった前作をはるかに上回る、迫真のリアルフィクションが早くも登場! 
(内容説明)



以前読んだ「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(上)(下)」の続編です。

順風満帆な人生を送ってきた崇に襲いかかった不運から8年。
再び義父との戦いが始まる。

長かった前作よりも、今回のほうがスピード感があってサクサク読めました。
眞一郎と崇の一騎打ちも、スリルたっぷりで面白かった。
後半は特に読むスピードに加速が。

これ、またドラマやらないかなー?
ぜひやってほしい作品です。


最初と最後に宣子が出てくるあたり…続編あり?
期待しちゃいます。

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


20:26  |  楡周平

2010.05.21 (Fri)

おべんとうの時間 阿部 了, 阿部 直美

全日空機内誌『翼の王国』の人気No.1エッセイ、待望の書籍化!

本書はお弁当のレシピ本ではありません。
阿部夫婦(夫・カメラマン/妻・ライター)が全国各地の手作り弁当を
二人三脚で取材したフォトエッセイ集。
海女、釣り堀経営、素麺職人、高校生、猿まわし、
営業マン、大学教授……市井の人たちが照れながら見せてくれた手作りのお弁当。
食べながら語られるのは、仕事のこと、家族のこと、こどもの頃のこと…。
そこには、お弁当の数だけ絆の物語がありました。
本書を読むと、子供のころのお弁当が懐かしく思い出され、
また、手作り弁当を味わいたくなる、そんなあたたかな一冊です。
(内容紹介)



お弁当本が大好きです。
レシピを参考にするのもあるけど、なんかお弁当ってだけでワクワクします。
限られたスペースにぎゅっと詰まったおかずたち。

今まで何冊かのお弁当本を見てきたけど、その中でもこれは絶品!!

老若男女、いろんな職業の人のお弁当。
どのお弁当にも作った人と食べる人の愛があって、
読んでいるだけで本当に幸せな気持ちになりました。
レシピはないけど、それ以上のものがいっぱい詰まってます。

みんな飾ってなくて、写真もほんとにいい感じ。
今回は図書館で借りたけど、これは購入決定。
おススメです!


明日のお弁当は何にしようかなー。

★★★★★



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

06:08  |  あ行その他

2010.05.20 (Thu)

おじさんとおばさん 平安寿子

ひさかたぶりの同窓会に集まった男女たち。
みんなもうおじさんとおばさんで、体力気力は落ち気味、
介護や子供たちの就職にと心配の種もつきない。
しかし、初恋の人に会えば胸がきゅんとし、同時代のテレビ番組、漫画、
流行歌を思い出すと懐かしさに気持ちが温かくなる。
幾つか新たな同級生カップルもできたが、その恋の行方は?
熟年こその「希望」を求める50歳を過ぎた人々に、愛をこめて贈る同窓会小説。
(内容紹介)



小学校の同級生が50歳を過ぎて再会し、そこからまた何かが始まる。
既婚者、バツイチ、独身。
それぞれ全く違う人生を歩んできた同級生たち。
体にガタがきちゃってるけど、まだまだ元気!
お互いの悩みも、同級生だからこそ分かち合える。

おじさんとおばさんたち。
やっぱりいくつになっても男と女です。
昔の淡い恋心を思い出したり、年を経て新たな魅力に気づいたり。

平さんらしい軽快さで楽しく読めました。
年取るのも悪くない!よね?


★★★★☆




ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



21:27  |  平安寿子

2010.05.19 (Wed)

スタートライン―始まりをめぐる19の物語

彼の浮気に気づいた花嫁、急に大人になった少女、
別れ話をされた女、妻を置いて旅に出た男…。
何かが終わっても「始まり」は再びやってくる。
「変わりたい」「やり直したい」と思った瞬間、それがあなたのスタートライン。
恋の予感、家族の再生、衝撃の出会い、人生の再出発―。
日常に訪れる小さな“始まり” の場面を掬った、希望に溢れる掌編集。
内容(「BOOK」データベースより)



ほぼ1ヶ月ぶりの更新となってしまいました。
これじゃ「今日」こんな本読んだ、じゃなくて、「今月」こんな本を読んだ、ですね…。


さて、こちらの本。
アンソロジーなんですが、作家さんたちがとてつもなく豪華です。
お気に入りの作家さんも、読んでみたかった作家さんもいて、
「作家チェック」?にはもってこいの1冊です。

ただ、もうちょっと1作1作が長めのほうが良かったかなぁ。
あまりにも短すぎて、ちょっともったいない感じもします。


-------------------------
「帰省」光原百合
「1620」三羽省吾
「柔らかな女の記憶」金原ひとみ
「海辺の別荘で」恒川光太郎
「街の記憶」三崎亜紀
「恋する交差点」中田永一
「花嫁の悪い癖」伊藤たかみ
「ココア」島本理生
「風が持っていった」橋本紡
「会心幕張」宮木あや子
「終わりと始まりのあいだの木曜日」柴崎友香
「バンドTシャツと日差しと水分の日」津村記久子
「おしるこ」中島たい子
「とっぴんぱらりのぷう」朝倉かすみ
「その男と私」藤谷治
「トロフィー」西加奈子
「はじまりのものがたり」中島桃果子
「魔コごろし」万城目学
「パパミルク」小川糸


★★★★☆



ランキング参加してます。応援クリックよろしくお願いします!↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
06:35  |  アンソロジー
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。