FC2ブログ
2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009.07.22 (Wed)

冒険の国 桐野夏生

舞台はディズニーランドができたばかりの舞浜。
平坦な埋め立て地。すっかり様変わりしてしまった町並み。
31歳の美浜は、専業主夫の父、魚市場で働く母、区役所勤めの姉との
4人家族。このファミリー向けの町にまったく馴染んでいない家族だ。

近くの建設会社出張所で留守番として働く美浜は、
ある日偶然姉の同級生であった森口恵一と再会する。
恵一は姉の同級生であると同時に、昔美浜が付き合っていた英二の兄でもあった。
英二が自殺した二十歳のときから、すでに10年以上の月日が流れていた。


英二が死んだあと、美浜は職場の同僚と3年間の同棲生活を送るが、
ある日突然嫌になり、実家である舞浜に戻ってくる。
それからは何かを期待することなく、消去法の生きかた。
喪失感と苛立ち。少しの妬み。
家族の重み。
ちっとも忘れていなかった英二のこと。
美浜のモヤモヤ感がすごくよく伝わりました。
人間、そう簡単に決別できないよなって。

何かが変わりそう、何かが始まりそう、なところで終わってしまうので、
読んだあともなんかモヤモヤ。いい意味で。

★★★★☆



ランキング参加してます。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



18:43  |  桐野夏生
 | HOME |