FC2ブログ
2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009.07.11 (Sat)

愛の保存法 平安寿子

恋愛短編集。

「愛の保存法」
光太郎とまゆみが結婚する。周りの友人たちは苦笑いだ。
だって、4回目・・・。相手を違えて4回ならまだしも、同じ相手とくっついたり
離れたりの4回。しかも毎回盛大な結婚式を行う。
今回司会を任された友人の奈香子は振り回されてあきれ返っているが、
二人が4回も結婚するにはわけがあった。

「パパのベイビーボーイ」
丈彦は看護士をしている琴絵との結婚が決まっていた。
琴絵が丈彦の父親と会いたいと言うから嫌々会わせたのだ。
昔から女たらしで、今もヒモみたいな生活をしているろくでなしの父親。
しかし、琴絵はなんとその父親に恋をしてしまったという。

「きみ去りしのち」
剛の恋人、有子の母親が亡くなった。
誰よりも有子のことを理解している母親が亡くなったことで、
剛は自分が頼られるのではないかと期待していたが、有子は全然頼ってこない。
頼ってこないばかりではなく、明らかに態度がおかしい。

「寂しがりやの素粒子」
息子の高校時の先生がなぜか我が家に居候しはじめた。
一日中文献を読んでばかりで何をするわけでもない。
だんだん先生が住んでいることにイライラしはじめる鉄太朗だが、
さすがに追い出すわけにもいかない。
そんな中、家を出ていた娘が帰ってきて・・・。

「彼女はホームシック」
都季子の趣味は、物件を見ること。不動産が大好き。
2年に一度は引っ越す。で、その引越しの手伝いをするのは元彼であり
今は友人の島津。その都季子が突然結婚すると言い出した。

「出来過ぎた男」
信光が今年二十歳を迎えた娘の瑠璃にあのことを話したいらしい。
信光は最初の結婚で2子を授かったあと、さらに結婚離婚を繰り返し、
今では計5人の子供がいる。
浮気して子供ができて離婚→結婚。
この事実、どうやって伝える?

「愛の保存法」っていうタイトルがすごく好き。
愛情ってどうして長続きしないのか。永遠のテーマ、ですよね。
でも愛情って、形は変わっていっても永遠に続くもの、だと私は思ってます。
(思いたいだけ?)愛っていっても色々だし。

またしても出てくる男たちはダメ男ばっかり・・・。
腹違いの兄弟が自分の他に4人もいたら、逆に笑っちゃうかな。
ダメ男ばっかりでも、それぞれは自分に正直に生きているだけなのかもな。
もちろん「女の敵」ばっかりだし、自分の身に・・・と想像するだけで怖いけど。

★★★★☆



ランキング参加してます。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



18:09  |  平安寿子
 | HOME |