FC2ブログ
2009年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2009.04.03 (Fri)

あがない 中野順一

夫と離婚して女一人で息子を育てている祐子。
ある日仕事の休みが取れたので、息子の恭平と旅行に行こうと思い、
恭平にどこに行きたいかを尋ねると、息子は
「ほんとうのおうちに行きたい」と言い出した。

「ほんとうのおうち」?

恭平は、全く面識もない赤の他人である稲富善男の記憶を持っていた。
前世の記憶。恭平は稲富善男の生まれ変わりだった。
恭平の記憶を頼りに、善男の営んでいた中華料理屋「いなとみ」を
訪ねると、そこには恭平の記憶どおりに妻の咲子がいて、
善男は何者かに殺害されていたことが分かった。

一方、臓器移植を受けて一命を取りとめた杏奈は、
心臓を提供してくれた遺族にお礼をしたいと考え、ドナーの遺族と
会うことができた。
杏奈の心臓は、脳死した善男のものだった。

善男の生まれ変わりである恭平と、善男の心臓を持つ杏奈、
そして善男を殺害した犯人との関係が見え始める。


面白くて最後まで一気読み。
殺人事件の被害者の記憶を持つ恭平は、善雄を取り巻く人物に
狙われて二度も拉致されるが、真犯人は思いもよらない人物だった。
うーん、確かに恩返しをしたい気持ちは分かるけど、
栗原がやったことは許されることじゃない。
善男はどうして自分が殺されたかを知りたかったのもあったけど、
やっぱり咲子に伝えたかったのが一番の理由で、恭平の体を
借りたんだろうな。あんかけチャーハンレシピ、じんわりきました。

★★★★★



ランキング参加してます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



22:25  |  中野順一
 | HOME |